今のMusic実業の状態とこの先の拡散を予想してみた苦言や申し出

最近のMusic産業はCDが売れないことやMusic番組の見学百分率の衰えによるマイナスなど、産業として激しい感想が表れています。
考えを書くならば何年も前から手作り性が無くなってきたという点や歌詞の高の多さ、ディスクレコーディングなどの浸透とかが一例として考えられます。
最近のMusicはどの曲を聴いても同じに判るし、設営も似たり寄ったりだし歌詞も同様で手作り性が全然感じられない。
いわゆる売れ線の調によくある歌詞を乗っけて要るだけで、聞いても誰が歌っているのかわからないし歌詞が頭の中に入ってこないし、憶えられないのが個人的な感想だ。
Music番組も昔のMusic番組とは違って歌を披露する番組ではなく多種化してて、音声で含み笑いをとって歌は二の次という感じがするし、昔のVTRを流して見学百分率を採り入れるというのが定番になってきたのも実績です。
ランキング形式の番組もあるにはあるけど深夜に放送されたりとか、番組総締めが少ないというのがまたMusic分かれに拍車をかけている感じがします。
そうして装具の開設でテープにレコーディングするとかディスクに減らすというのがなくなり、もはや主流はハードディスクに洗い流す項目における。
それは別にCDを買わなくても、レンタル屋で借りればお金がかからなくても手に入るし、またWEBの浸透でダウウンロードすればすむという点で、CDのベネフィットが下がってきている。
ですから各レコード事務所はCDに恩典を塗り付けたり、マニアという会うパフォーマンスや握手会などが主流になり苦労している。
この先を予想するにMusic産業は、マニアックな基盤に入るかもしれない。
分かるやつは知ってるけど知らないやつはまるで知らないという、いわゆる国民的タレントも歌も枯れる望みが出てくる。
Music産業が違うルックスを取らない限り、貫くという考えをここに書き下ろす。http://ishinomaki-arc.jp/